« Windowsのスタートアップフォルダ(備忘録) | トップページ | 無性愛(アセクシャル・Aセクシャル)って、どういうもの? »

2013年2月24日 (日)

一太郎・ATOKが馬鹿になったら(対策法)

1)まず、ATOKが有効な状態でキーボードの「Ctrl」+「F12」でATOKプロパティを出す。
2)辞書・学習タブで「標準辞書セット」、「標準辞書」を指定して「学習」の詳細設定をクリック(以下参照)。

Image1

3)「学習情報のクリア」をクリック(以下参照)。

Image2

4)「はい」をクリック。これで完了です。

 右隣に「ユーザー辞書のクリア」というのがありますが、これをクリックすると、登録単語まで初期化してしまうので、あまりおすすめはしません。

※今は推測変換が導入されるなど、ATOKが進化しているので、(ある程度)定期的にこれを実施しても使いにくくなったりはしないと思います。

※Ver2はこちらから。

一太郎・ATOKが馬鹿になったら(対策法)Ver3
http://something-so-right.cocolog-nifty.com/blog2/2014/11/atokver3-2824.html

|

« Windowsのスタートアップフォルダ(備忘録) | トップページ | 無性愛(アセクシャル・Aセクシャル)って、どういうもの? »

コメント

参考になりました。ありがとうございます。

投稿: 通りすがり | 2015年10月26日 (月) 10時37分

通りすがりさん、コメントありがとうございます。

 ATOKは、誤変換やまれな変換を律儀に学習して、かえって馬鹿になっていく悪癖があるので、この記事の方法で定期的にリセットするのは有効だと思っています。かしこいATOKが戻るといいですね。

投稿: kenji | 2015年10月26日 (月) 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Windowsのスタートアップフォルダ(備忘録) | トップページ | 無性愛(アセクシャル・Aセクシャル)って、どういうもの? »