« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年2月

2013年2月24日 (日)

一太郎・ATOKが馬鹿になったら(対策法)

1)まず、ATOKが有効な状態でキーボードの「Ctrl」+「F12」でATOKプロパティを出す。
2)辞書・学習タブで「標準辞書セット」、「標準辞書」を指定して「学習」の詳細設定をクリック(以下参照)。

Image1

3)「学習情報のクリア」をクリック(以下参照)。

Image2

4)「はい」をクリック。これで完了です。

 右隣に「ユーザー辞書のクリア」というのがありますが、これをクリックすると、登録単語まで初期化してしまうので、あまりおすすめはしません。

※今は推測変換が導入されるなど、ATOKが進化しているので、(ある程度)定期的にこれを実施しても使いにくくなったりはしないと思います。

| | | コメント (0)

Windowsのスタートアップフォルダ(備忘録)

 事前準備:エクスプローラーの「表示」で「隠しファイル」にチェック。

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

| | | コメント (0)

2013年2月 5日 (火)

Adobe Acrobat Reader DCで自炊の本を読む(見開き対応)

 Adobe Acrobat Reader DCの初期設定だと見開きページの表示が変なことになります。これを直しましょう(以下の画像はいずれも小さいので、クリックして拡大してください)。

1)Adobe Acrobat Reader DCを起動。
2)編集>環境設定をクリック(以下参照)。

Image1

3)ページ表示の設定を変える(以下参照)。
デフォルトレイアウトとズーム
ページレイアウト:見開きページ
ズーム:全体表示

Image2

4)文書の設定を変える(以下参照)。
開き方の設定
「文書を再び開くときに~」にチェック

Image3

5)自炊した文書を開いて、表示>ページ表示>見開きページ表示をクリック。画面下を見ればわかりますが、まだ、この時点ではページ表示が逆です(以下参照)。

Image4

6)再び環境設定に入って、言語の設定を変える(以下参照)。
言語>デフォルトの読み上げ方向
右から左へ

Image5

7)ページ順は正しくなりましたが、実は47ページは、左側に来るべきページで、そこも直しましょう(以下参照)。

Image6

8)自炊した文書を開いて、表示>ページ表示>見開きページ表示で表紙を表示をクリック(以下参照)。

Image7

9)47ページが左側に来ました(以下参照)。これで完了です。

Image8

 Kindleなどで見るならともかく、PCの横長画面なら見開き表示でみたいですよね。漫画などなら見開きで一画面なんて描画もありますしね。

| | | コメント (0)

2013年2月 1日 (金)

餅は餅屋、鍵は鍵屋(鍵の潤滑剤)

 鍵が渋くなったとき、多くの人は油を差したり、市販の潤滑剤(5-56とか)を吹くと思いますが、鍵にはもっと適したものがあります。

 美和ロックの出している専用の潤滑剤(スプレー)があります。吹くと白い粉状になり、ゴミを呼び込みません。やはり鍵は鍵屋、専用品が一番です。

 町の鍵屋さんならおいてある商品なので(最悪取り寄せはできる)、家に一本あると便利です。

※鍵屋さんが近くにない方はこちらよりどうぞ(ここ参照)(2014.6.30)。

| | | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »