« 一太郎・ATOKが馬鹿になったら(対策法) | トップページ | ココログの画像設定 »

2013年3月17日 (日)

無性愛(アセクシャル・Aセクシャル)って、どういうもの?

 自分は無性愛者なのですが、まあ、社会的に見て一般的とはいいかねるので、どういうものか紹介しましょう(あくまで「自分の」無性愛なことに注意してください)。

 ウィキペディアに解説があります(ここ参照)。

無性愛とは、『他者に対して恒常的に恋愛感情や性的欲求を抱かない』ことである。無性愛の人のことは無性愛者という。また、このようなタイプまたは人を指してアセクシュアル、エイセクシュアル、Aセクシュアル、Aセクともいう。

 また、

「恋愛感情を含む性的欲求を抱かないタイプ」と「性的欲求は抱かないが恋愛感情は抱くタイプ」の2つを提示している。

 と書いてあります。自分は後者に当たります。

 じゃあプラトニックラブなのかというとそうではないのです。「しない」のではなく、「できない」の方が感覚的には近いでしょう。前に自分のBlog(今はパスワードをかけていて見られません)で、

好きな人がほほえんでいる姿はいつでも見ていたいが、
好きな人があえいでいる姿は一秒たりとも見たくない。

 と書いたことがあるのですが、自分にとっての無性愛はこれで大方説明可能です。

 じゃあ、性欲はないのか?というとそんなことはなく、アダルトビデオなどを見れば、人並みに興奮もします。それは「好きな人」ではなく、「メス」だから。要するに「好きな人」に対してどうしても性欲が発動しない、できないというのが(自分にとっての)無性愛です。「好きだから一つになりたい」ではなく、「好きだからこそ性的行為ができない」訳です。

 無性愛といってもいろいろな人がいて、セックスだけがだめな人からキスすらだめな人(自分はこれ)まで様々です。「舌を入れる?あり得ねえ」なのです。仕方を知らないわけではないのですが、好きな人には(たとえその相手が望んでいたとしても)そんなことはできないのですね。不思議なものです。

 自分はもういい年で、恋愛なんてもうしませんが、若い方は彼氏、彼女とうまくやっていくのは大変ですね。この投稿が無性愛を理解するための一助になれば幸いです。

※以前インターネット上では「非性愛」といわれていたのですが、この用語がウィキペディアから削除されたので、一部書き直しました(2013.11.18)。

| |

« 一太郎・ATOKが馬鹿になったら(対策法) | トップページ | ココログの画像設定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一太郎・ATOKが馬鹿になったら(対策法) | トップページ | ココログの画像設定 »