« 2013年5月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年7月

2013年7月 2日 (火)

写真いっぱいのブログにしたい方へ(ココログ容量制限対策)※2022/2全面書き換え

 画像いっぱいのブログを作ると、あっという間に容量が減ってしまいますね。この記事では、ココログに画像を保存せずに画像を表示させる方法を書きます(正確にはMicrosoftのOnedriveに画像を保存し、ココログから画像を参照します)。この方法なら、ココログの容量はほとんど減りません。

 まずは画像を保存する場所を作ります(自分は画像フォルダ配下にCocologというサブフォルダを作りました)。この中にある真っ赤なポルシェを表示させます(以下参照)。

 Onedriveを起動します。画面右下の上向き矢印を左クリック→雲のマークを右クリックです(以下参照)。

 表示された画面の下部、「オンラインで表示」を左クリックします(以下参照)。

Image3_20220223115201

 Onedriveが起動します。保存場所を開くと保存された画像が出てくるので、チェックを入れて、「埋め込み」をクリックします(以下参照)。

 右に出てきたページで「画像のサイズは”大”」、「HTMLタグを含める」にチェックを入れます。画面下部に暗号みたいな文字列が出てきます。これを全文コピーしてください。※この文字列がブログから写真を呼び出す呪文になります(以下参照)。
※※ここで「画像のサイズ」を”中”や”小”にすれば、次の「先の文字列を貼り付け」で作業は終了です。ただし、"中"サイズだと、ブログのデザインによっては画像サイズが大きすぎ、画像の右端が見切れる場合があります。※※

Image5_20220223115201

 ココログを開きます。「通常エディタ」を選択してから先の文字列を貼り付けます(以下参照)。

 文字列の文頭、「 <img src= 」を削除します(以下参照)。

 削除した文頭に
「 <img class="image-full" src= 」
という文字列を貼り付けてください。この文字列は毎回使いますので、メモ帳などにコピーして保存しておくことをおすすめします(以下参照)。

 文末も変更します。「 height="xxx" 」を削除します。最後の「 /> 」は残してください←これ超重要(以下参照)。

 文末を削除しました。先に書いたとおり、「 /> 」は絶対に残してください(以下参照)。

 ココログを閲覧しましょう。この画像は今回の記事で書いた手法で保存しています(画像のサイズは”小”で作成しています)。

 ※文頭に「 "image-full" 」を入れるのは、今後デザインを変更して横幅が変わっても「常に画面幅最大」で表示するためのものです。

 ※文末の「 height="xxx" 」を削除しないと、画像の縦横比がめちゃくちゃなことになります(なぜかはよくわからないのですが)。

 ※文末の「 /> 」を残すのは、「この呪文はここまでですよ」というのを指定する文字列だからです。これを消してしまうと、ブログのデザインがおかしくなります(サイドバーが下に落ちたりします)。

 この方法では、画像をOnedriveに保存しているので、ココログの容量使用量は無視できる程度のものです(呪文に用いたテキストのみなので、数kb程度です)。慣れてしまえば通常の画像挿入と大差ない程度の手間なので、覚えてしまうとお得です。

| | | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年10月 »