« Kindleのハイライト表示が邪魔(対策法) | トップページ | ココログにブログアイコン(favicon)を設置してみましょう »

2014年7月 3日 (木)

一太郎・ATOKが馬鹿になったら(対策法)Ver2

※Ver1を実施された方はこれを行う必要はありません。
Ver1はこちらから。

○ATOKが有効な状態でキーボードの「Ctrl」と「F10」を同時押し。

○「辞書メンテナンス」>「辞書ユーティリティ」をクリック(以下参照)。

Image1

○「表示」>「絞り込み表示」をクリック(以下参照)。

Image2

○「単語種類」の「登録単語」のチェックを「外す」(初期状態ではチェックが入っています)。「OK」をクリック(以下参照)。

Image3

○キーボードの「Ctrl」と「A」を同時押し。これですべてが選択されます(以下参照)。

Image4

○キーボードの「Delete」を押下>「すべて削除」をクリック(以下参照)。

Image5

 以上です。

一太郎・ATOKが馬鹿になったら(対策法)Ver3
https://something-so-right.cocolog-nifty.com/blog2/2014/11/atokver3-2824.html

| |

« Kindleのハイライト表示が邪魔(対策法) | トップページ | ココログにブログアイコン(favicon)を設置してみましょう »

コメント

The worst part is

投稿: wildstar gold | 2014年7月18日 (金) 18時49分

Thanks for coming to my blog,thank you.

投稿: kenji | 2014年7月18日 (金) 21時34分

こんばんは
ココログ助け合い掲示板から
訪問しました

記事を少し読ませてもらい
記事のタイトルの付け方がうまいなって
思いました

スマホやiPhoneが加速度的に
普及していく中で
撮影した写真を添付して
ブログ記事を即座にアップするという面では
進化したと思います。

でもスマホやタブレットは
長文を入力するデバイスとして考ると
パソコンには遠く及ばないので

今後更にブログに文章を書くという事についてのスキルに格差が生まれるのではないかなって予想しました

書いた文章の全体を今一度読み返してみて
添削したり再構成したりしない限り
人が見ても伝わる文章ではないと思いました

なので私は原始的ではありますが
記事として書き起こす部分は
紙のノートにまず書いてみるという
スタイルにしてみました(^-^;

これについて
どう思われますでしょうか?

投稿: ユウぱぱ | 2014年7月19日 (土) 00時35分

ユウぱぱさん、コメントありがとうございます。

 >記事のタイトルの付け方

 これは以前、ユウぱぱさんがノウハウに書かれていましたね。気をつけてタイトル付けしているので、お褒めいただいて光栄です。

 >記事として書き起こす部分は紙のノートにまず書いてみるというスタイル

 私はまずテキストエディタに書いて、それをココログにコピーする方法をとっています。ただ、書いたものをそのままコピーできることはまずないですね。何度も書き直してからコピーをしています。

 >書いた文章の全体を今一度読み返してみて添削したり再構成したりしない限り人が見ても伝わる文章ではないと思いました

 全く同感です。そのためにも紙に書き起こしたり、テキストエディタを使ったりするのは有効なのかなと思っています。

投稿: kenji | 2014年7月19日 (土) 05時06分

ありがとうございます
タイトルの付け方や
じっくり記事を書き上げる事に
自信を持てました

あと今までやった事がないのですが
文字だけでは読む人に伝えにくい部分を
今後はイラスト画像を作り
入れてみたいって思ってます

投稿: ユウぱぱ | 2014年7月22日 (火) 02時00分

ユウぱぱさん、コメントありがとうございます。

 お互い閲覧者が読んで満足してもらえるようなブログを作っていきたいですね。

投稿: kenji | 2014年7月22日 (火) 05時04分

I do not know

投稿: powerlevelingmall | 2014年7月26日 (土) 20時17分

Thanks for coming to my blog,thank you.
But...
Please stop non-sense comments.

投稿: kenji | 2014年7月27日 (日) 05時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Kindleのハイライト表示が邪魔(対策法) | トップページ | ココログにブログアイコン(favicon)を設置してみましょう »