« パソコン版ATOKをスマホのように使う(予測変換を一文字目から表示させる) | トップページ | パソコン版MS-IMEをスマホのように使う(予測変換を一文字目から表示させる) »

2014年11月16日 (日)

一太郎・ATOKが馬鹿になったら(対策法)Ver3

Ver1
https://something-so-right.cocolog-nifty.com/blog2/2013/02/post-c2e4.html
Ver2
https://something-so-right.cocolog-nifty.com/blog2/2014/07/atokver2-5ec9.html

 Ver3はATOKが馬鹿になる原因である学習機能を切ってしまうという手法です。登録単語以外の学習機能を無効にしてしまいます。

○ATOKが有効な状態で、キーボードの「Ctrl」と「F12」を同時押しします。

○ATOKプロパティが起動します。

○「入力・変換」タブの「プライバシー」をクリックし、「学習機能を抑制する」にチェックを入れます(以下参照)。

Image1

○「学習情報のクリア」をクリックして、確認画面で「はい」をクリックします(以下参照)。

Image2

○「OK」でATOKプロパティを閉じます。これで完了です。

 馬鹿にならない代わり、かしこくもならないので、本当に学習機能を切ってもよいのか十分に考慮した上で設定してください。

| |

« パソコン版ATOKをスマホのように使う(予測変換を一文字目から表示させる) | トップページ | パソコン版MS-IMEをスマホのように使う(予測変換を一文字目から表示させる) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パソコン版ATOKをスマホのように使う(予測変換を一文字目から表示させる) | トップページ | パソコン版MS-IMEをスマホのように使う(予測変換を一文字目から表示させる) »