« せっかく撮った写真の有効活用(壁紙チェンジャー)※Windows10バージョン | トップページ | 自分目線で見た「誰にでもわかるネクタイの結び方(セミウィンザーノット編)」 »

2016年5月29日 (日)

自分目線で見た「誰にでもわかるネクタイの結び方(プレーンノット編)」

 ネクタイの結び方を調べようとすると、正面からの写真を使って説明するサイトが多いですね。これだとわかりづらいので、自分目線で見た結び方を紹介したいと思います。

 二回に分けて紹介します。今回はプレーンノット編です。

セミウインザーノット編はこちら

1)ネクタイを首に掛けます。私は右側に大剣(大きい方)を持ってきますので、このような写真になりますが、むろん左右逆でもかまいません。逆にした場合、以下の「右」と「左」を読み替えてください(以下参照)。

Image01

2)大剣を左側に持ってきます(以下参照)。

Image02

3)大剣を右側に持ってきます(以下参照)。

Image03

4)再度大剣を左に持ってきます(以下参照)。

Image04

5)大剣を真ん中に通します。感覚的には「あごから出す」感じです(以下参照)。

Image05

6)大剣を4)で出来たループに通します。「上から二番目」に大剣が通るわけです(以下参照)。

Image06

7)完成です。プレーンノットは、結び目(ノット)が傾いているのが正常です。きれいな二等辺三角形にしたい場合、セミウインザーノットをおすすめします(以下参照)。

Image07

 写真を見ずに、感覚的に覚えるなら、「左・右・左・あごから出して締める」となります。大剣を逆に置くなら「右・左・右・あごから出して締める」です。

 簡単でしょう?

| |

« せっかく撮った写真の有効活用(壁紙チェンジャー)※Windows10バージョン | トップページ | 自分目線で見た「誰にでもわかるネクタイの結び方(セミウィンザーノット編)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« せっかく撮った写真の有効活用(壁紙チェンジャー)※Windows10バージョン | トップページ | 自分目線で見た「誰にでもわかるネクタイの結び方(セミウィンザーノット編)」 »