« 2020年4月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年9月

2020年9月 6日 (日)

Microsoft To Doの使い方について

 Microsoft To Doを使ってみようという方へ、基本的な使い方を書いてみます。

※インストールの仕方は他サイトを参照してください。なお、以下の記述はすべてAndroidスマートフォン版の記述です。

※参照画像をご覧になった方は、「01」、「02」~とタスクに番号を振っているのに気付かれるかと思います。これは、同一日に行う作業が複数あるときに、その順番を指定する意味合いがあります。To Doの表示順は数字→アルファベット→ひらがな・カタカナ→漢字の順ですので、並び替えの先頭に来る数字を活用しているわけです。逆に言うと、To Doには作業順、優先順を指定する機能はありません(2020年9月6日現在)。

○1インストールして、ソフトを起動すると、以下の画面が表示されます。
※私はすでに使用しているので、画面の下半分にも記述がありますが、初期状態では下半分は空白です。

Screenshot_01

○2定例のタスクと単発のタスクで書き込む場所が変わります。まず、定例のタスクから。画面一番下の「新しいリスト」をタップします。

Screenshot_02

○3笑顔のアイコンの右側にリスト名を入力します。とりあえず「日課」と入れてみましょう(後で変更できます)。
入力したら、「リストの作成」をタップします。

Screenshot_03

○4「日課」リストが開きました。画面の一番下、「+」のアイコンをタップします。

Screenshot_04

○5「タスクの追加」欄にタスクを入力します。

Screenshot_05

○6「期限日を設定」をタップして期限日を入力します。日課の場合は、とりあえず「明日」をタップしてください。

Screenshot_06

○7「繰り返し」をタップして繰り返しの頻度を入力します。日課の場合は「1日ごと」をタップしてください。これでリストの入力は終わりです。

Screenshot_07

○8次、単発のタスクを。「タスク」をタップします。

Screenshot_08

○9-12以下の手順は定例のタスクの入力方法と同じです。

Screenshot_09

Screenshot_10

Screenshot_11

Screenshot_12

○13全て入力したら、タスクスケジュールを確認してみましょう。「今後の予定」をタップします。

Screenshot_13

○14ハンバーガーアイコンをタップして、表示させたい日付をタップします。「明日」をタップしてみましょう。

Screenshot_14

○15明日のタスクスケジュールが表示されます。以上で一通りの動作は終了です。

Screenshot_15

 先に記述しましたが、To Doには作業順、優先順を指定する機能はありません。従って、何時から何時までA社と会議、それが終わったら何時までB社と会議というタスクスケジュールがあった場合、先の例と同じく、時間をタスク名の先頭に入れて並び替えさせるしかありません。というか、そこまでやるならTo DoではなくOutlookを使うべきでしょう。To Doには会議などのダブルブッキングを防止する機能もありません。このあたりがTo Doの限界でしょう。できること、できないことを弁えて使うのがTo Doということです。

| | | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年11月 »