パソコン・インターネット

2020年11月23日 (月)

エリアメールを無効化する(もしくは音量を下げる)方法

 地震の際などに起動するエリアメール、役に立つ機能ではあるのですが、あの大音響、心臓に悪いアラーム音、なんとかしたいと思いますね(少なくとも自分は思います)。その方法について書いていきます。
※この記述はAndroid機(huawei p30 pro)に対するものです。

○アプリ一覧から「災害用キット」を探してタップします(以下参照)。

Screenshot_20201123_002412_comnttdocomoa

○「災害用キット」が起動しますので、「緊急速報「エリアメール」」をタップします(以下参照)。

Screenshot_20201123_002424_jpconttdocomo

○「エリアメール」をタップします(以下参照)。

Screenshot_20201123_002442_jpconttdocomo

○画面右上にある、点三つのアイコンをタップします(以下参照)。

Screenshot_20201123_002503_comnttdocomoa

○「設定」をタップします(以下参照)。

Screenshot_20201123_002512_comnttdocomoa

○「エリアメールの許可」をタップします。もしくは「エリアメールの許可」をタップせずに「最大音量を使用する」をタップします(以下参照)。

Screenshot_20201123_002533_comnttdocomoa

※「エリアメールの許可」をタップすると、エリアメールを受信しなくなります。
※「最大音量を使用する」をタップすると、音量の調節やマナーモード設定が効くようになります

○以上で終了です(以下参照)。

Screenshot_20201123_002548_comnttdocomoa

| | | コメント (0)

2020年9月 6日 (日)

Microsoft To Doの使い方について

 Microsoft To Doを使ってみようという方へ、基本的な使い方を書いてみます。

※インストールの仕方は他サイトを参照してください。なお、以下の記述はすべてAndroidスマートフォン版の記述です。

※参照画像をご覧になった方は、「01」、「02」~とタスクに番号を振っているのに気付かれるかと思います。これは、同一日に行う作業が複数あるときに、その順番を指定する意味合いがあります。To Doの表示順は数字→アルファベット→ひらがな・カタカナ→漢字の順ですので、並び替えの先頭に来る数字を活用しているわけです。逆に言うと、To Doには作業順、優先順を指定する機能はありません(2020年9月6日現在)。

○1インストールして、ソフトを起動すると、以下の画面が表示されます。
※私はすでに使用しているので、画面の下半分にも記述がありますが、初期状態では下半分は空白です。

Screenshot_01

○2定例のタスクと単発のタスクで書き込む場所が変わります。まず、定例のタスクから。画面一番下の「新しいリスト」をタップします。

Screenshot_02

○3笑顔のアイコンの右側にリスト名を入力します。とりあえず「日課」と入れてみましょう(後で変更できます)。
入力したら、「リストの作成」をタップします。

Screenshot_03

○4「日課」リストが開きました。画面の一番下、「+」のアイコンをタップします。

Screenshot_04

○5「タスクの追加」欄にタスクを入力します。

Screenshot_05

○6「期限日を設定」をタップして期限日を入力します。日課の場合は、とりあえず「明日」をタップしてください。

Screenshot_06

○7「繰り返し」をタップして繰り返しの頻度を入力します。日課の場合は「1日ごと」をタップしてください。これでリストの入力は終わりです。

Screenshot_07

○8次、単発のタスクを。「タスク」をタップします。

Screenshot_08

○9-12以下の手順は定例のタスクの入力方法と同じです。

Screenshot_09

Screenshot_10

Screenshot_11

Screenshot_12

○13全て入力したら、タスクスケジュールを確認してみましょう。「今後の予定」をタップします。

Screenshot_13

○14ハンバーガーアイコンをタップして、表示させたい日付をタップします。「明日」をタップしてみましょう。

Screenshot_14

○15明日のタスクスケジュールが表示されます。以上で一通りの動作は終了です。

Screenshot_15

 先に記述しましたが、To Doには作業順、優先順を指定する機能はありません。従って、何時から何時までA社と会議、それが終わったら何時までB社と会議というタスクスケジュールがあった場合、先の例と同じく、時間をタスク名の先頭に入れて並び替えさせるしかありません。というか、そこまでやるならTo DoではなくOutlookを使うべきでしょう。To Doには会議などのダブルブッキングを防止する機能もありません。このあたりがTo Doの限界でしょう。できること、できないことを弁えて使うのがTo Doということです。

| | | コメント (0)

2020年4月24日 (金)

四川省for WinをWindows10にインストールする

 いにしえのゲーム、四川省。プレイしたことのある方も多いでしょう。しかし、このゲーム、Windows10にインストールができません。残念ですね。

 ではなくって!!実はインストールして、普通にゲームできるんです!それも、怪しいソフトなど使わず、Windowsの標準機能で。では、一から手順を見ていきましょう。

○まず、ダウンロードから。
https://www.vector.co.jp/soft/win95/game/se073826.html
で、四川省のサイトを開きます。以下、ダウンロードボタンをクリックして進めます(以下参照)。

Image3_20200424143501

Image4_20200424143601

○画面左下に小さく「ファイルを開く」と表示されたら、クリックします。

○「ユーザーアカウント制御」のウィンドウが出たら、「はい」をクリックします。

○はい、出ました。インストール不可の表示。ここで諦めてはいけません。とりあえず「OK」をクリック(以下参照)。

○Windowsのエクスプローラーを開き、左側の「PC」>「ダウンロード」をクリックします。「Sisen213」というファイルがあるはずです。これを右クリックします(以下参照)。

○一番下の「プロパティ」をクリックします(以下参照)。

Image7_20200424143701

○出てきた画面で左から二番目のタブ「互換性」をクリックします(以下参照)。

Image8_20200424143801

○「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れます。ここが肝です(以下参照)。

Image9_20200424143801

○再度エクスプローラーに戻って、「Sisen213」をクリックします。今度はインストーラーが無事立ち上がります。後は、ひたすら「次へ」をクリックしてインストールを進めます(以下参照)。

○無事、インストールが完了しました(以下参照)。

○ゲームを起動してみましょう。「ツール」>「オプション」をクリックします(以下参照)。

○以下の画像のように設定変更するのをおすすめします。「ランクファイル」の「Sisen3.srk」を「Sisen9.srk」に書き換えると、自分の記録が9件まで記録されるようになります(以下参照)。

 以上です。久しぶりに楽しんでみませんか?四川省。

| | | コメント (2)

2020年1月 4日 (土)

Windowsをスリープにしたのに勝手に休止状態になる!?(解決法)

 Windowsの起動を速くしたいなどの理由でシャットダウンを使わず「スリープ」を多用する方も多いかと思います。

 しかし、長時間スリープにしていると、勝手に電源が切れ(正確には「休止状態」に入り)、困っている方もまた多いかと思います。休止状態ではメモリにあったデータをHDDやSSDに書き込んでしまうので、(特にSSDでは)寿命を短くすると言われているので、できれば避けたいところですね。その「休止状態への移行」を回避する方法を書きます。

○コントロールパネルの「電源プランの編集」を開きます。方法はいくつもあるので、自分のやりやすいように開いてください(以下参照)。

○「詳細な電源設定の変更」をクリックします。(以下参照)。

○「電源オプション」の「スリープ」をクリックします。

○「次の時間が経過後休止状態にする」をクリックします。

○「電源に接続」の数値を変更します(以下参照)。

※「バッテリ駆動」の変更は推奨しません(下記注)

 以上で(設定した数値以上スリープを続けなければ)休止状態への移行をブロックできます。

※Windowsはコントロールパネルから「設定」への移行を進めています。従って、この設定方法もいつまで使えるかはわかりません。

※「バッテリ駆動」の数値は変更しないことをおすすめします(この設定でPCがバッテリ切れを起こすと、メモリ上にあったデータは消えてしまいます。一応念のため)。

| | | コメント (0)

2018年3月18日 (日)

Windows10のメールから「優先」受信トレイを消す方法

 Windows10のメールでは、初期状態で「優先」受信トレイと「その他」受信トレイと二つの受信トレイが設定されます。(使いこなせればいいのですが)、基本的に二つの受信トレイを都度確認するのは面倒ですね。これを一つの受信トレイにまとめる方法を紹介します。

Image1


 メールの左下、歯車のマークをクリックします(以下参照)。

Image2


 設定画面が出るので、「優先受信トレイ」をクリックします(以下参照)。

Image3


 「[優先]と[その他]にメッセージを並べ替える」を「オフ」にします(以下参照)。その後で設定画面を閉じてください。

Image4


 「優先」と「その他」が消えて、「受信トレイ」に一本化されます(以下参照)。

Image5

| | | コメント (0)

2016年8月12日 (金)

Adblock PlusがMicrosoft Edgeでも使えるようになった(Microsoft Edge向け広告ブロック機能)

 鬱陶しい広告をブロックしてくれるAdblock Plus。Microsoft Edge版が出ましたので、インストールしてみましょう(2020.4.16内容を現行化)。

 Microsoft Edgeでhttps://adblockplus.org/en/edgeにアクセス。

 「GET ADBLOCK PLUS FOR MICROSOFT EDGE」をクリックします(以下参照)。

 「インストール」をクリックします(以下参照)。

 「拡張機能の追加」をクリックします(以下参照)。

 ブラウザに以下の画面が表示されます。これでインストールは終了です。(以下参照)。

 ブラウザ右上に「ABP」という赤いアイコンが出るので、左クリックして、出てきた画面の右上、歯車のアイコンをクリックします(以下参照)。

 「言語」の初期設定がおかしいです。「変更」をクリックします(以下参照)。

 「English」を選択します(「日本語」という選択肢はありません)(以下参照)。

 「言語」が正しくなりました。以上で終了です(以下参照)。

 ※基本的にはこの設定でいいのですが、もっと厳しくブロックしたい場合は、「全般」の設定を以下の通りにします(あまりおすすめはしませんが)(以下参照)。

| | | コメント (0)

2015年12月 5日 (土)

せっかく撮った写真の有効活用(壁紙チェンジャー)※Windows10バージョン

 せっかく撮った写真、Blogなどに乗せるのもいいですね。しかし、昔の写真も有効活用したいと思いませんか?Windowsのオンラインソフトには、昔から「壁紙チェンジャー」というものがあって、ユーザーを集めてきました。パソコンの画面をデジタルフォトフレームとして使うわけです。それがWindows10には「無料」で搭載されています。せっかくの機能ですので、使い方を書きましょう。

1)デスクトップ画面(タイルじゃない方)の、何もないところを右クリック。すると右クリック画面が出てきます。
2)「個人設定」をクリック(以下参照)。

Image1

3)「パーソナル設定」画面が出てきます。「背景」を選択して、「背景」を「スライドショー」に変更します。「調整方法を選ぶ」は「画面のサイズに合わせる」を選択します。後の選択項目はご自由にどうぞ(以下参照)。
4)「スライドショーのアルバムを選ぶ」で、「参照」をクリックします。

Image2

5)「フォルダーの選択」画面が出てきます。スライドショーで表示したいフォルダーを選択します。特にこだわりがなければ「ピクチャ」フォルダを選択して「このフォルダーを選択」をクリックしてください(以下参照)。

Image3

6)「パーソナル設定」画面に戻ります。特に「保存」や「OK」ボタンはないので、そのまま画面を閉じれば完了です。

※Windows7からWindows8.1までのOSにも壁紙チェンジャー機能はあります。若干画面が違うので、以下のページを参照してください。

https://something-so-right.cocolog-nifty.com/blog2/2013/01/post-b2c8.html

| | | コメント (2)

2015年10月 4日 (日)

読みたいサイトは後で読む(リーディングリスト機能)

 今まで、後でじっくり読みたいサイト、記事があった場合、「履歴」を使うか、「お気に入り」に(一時的に)登録するしかありませんでした。しかし、「履歴」では望みのサイトを探すのが難しく(たとえば、うちのサイトのタイトルは「When~」ですが、URLは「Something~」なので、探すのが困難でした)、苦労することも多かったと思います。Microsoft Edgeでは、履歴よりも探しやすい手段として「リーディングリスト」という機能が搭載されました。これの使い方を紹介したいと思います(きわめて簡単です)。

○後で読みたいサイトを開きます。

○右上の☆印をクリックします(以下参照)。

Image11

○「お気に入り」と「リーディングリスト」が並んでいますので、「リーディングリスト」をクリックします。

○名前をつけて(そのままでも可)、「追加」をクリックします。登録はこれで完了です。

○☆印の右側、横棒三つのアイコン>「リーディングリスト」をクリックします(以下参照)。

Image12

○登録したサイトが並びますので、読みたいサイトを選ぶだけです。

○読み終わって、登録の必要がなくなったら、右クリックして「削除」で削除できます。

| | | コメント (0)

2015年9月25日 (金)

Windows10のメールで同期がされない!メールが保存されない!!消える!!(解決法)

 メールがいつまでたっても着信しない、30日以前のメールが消えていくなどの不具合は以下の手順を踏むことで解決します。

○「メール」を起動します。

○左下の歯車をクリックします(以下参照)。

Image11

○「アカウント」をクリックします(以下参照)。

Image12

○設定するアカウントを選びます(以下参照)。

Image13

○「メールボックスの同期設定を変更」をクリックします(以下参照)。

Image14

○「新しいコンテンツをダウンロードする頻度」を「使用状況に応じて」から「アイテムの受信時」に変更します(以下参照)。

Image15

○「ダウンロードするメールの期間」を「過去一か月間」から「すべて」に変更します。

○「完了」>「保存」をクリックします。これで完了です。

| | | コメント (2)

2015年9月16日 (水)

Windows10のエクスプローラーを「PC」で起動させる

 Windows10のエクスプローラーは「クイックアクセス」で起動します。これを今まで通り「PC」で起動させる方法を紹介します。

○エクスプローラーを起動します。

○「表示」タブの「オプション」をクリックします(以下参照)。

Image11

○「全般」タブの「エクスプローラーで開く」を「クイックアクセス」から「PC」に変更します(以下参照)。

Image12

○「OK」をクリックします。これで完了です。

| | | コメント (0)